探し物にも困らない!「見せない収納」で大切な4つのポイント

見せない収納

すっきりおしゃれに「見せる収納」が流行っていますが、「見せない収納」で実用的に収納することも大事です。そのバランスをしっかりとって家の中をスッキリ保ちたいですね。

見せない収納の最大のメリットは引き出しや収納場所の扉を閉めると、簡単に空間をすっきりさせることができるという点です。

その便利さゆえに、なんでもかんでも見えないところへ入れてしまい、どこに何を入れたかを忘れるというのは防ぎたいところです。

今回はそんな「見せない収納」をする際に気をつけたいポイントをご紹介いたします。

見せない収納の気をつけるべきところ

ラベリングや透明ケースの活用

見せない収納
見せない収納では中に何が入っているのかを把握しておくことが大事になります。

扉の奥に置いておくものはケースに入れてラベリングしておくのが一つの手です。これが一番わかりやすく、忘れない工夫になります。あとは、透明ケースに入れておくと、ケースを開けなくても中身を確認できるので効率的でおすすめです。

ストックは1箇所へ

見せない収納
ストック品はあちこちに置いてしまうとどこに何を置いたかが分からなくなります。特に食品の場合は賞味期限などもありますので、忘れてしまって食べられなくなったらもったいないですね。

ストックのものは一箇所に集めておいて定期的に見る環境に置いて忘れてしまわないようにしましょう。

洗面所などの透明ケースには目隠しを

見せない収納
タオルや着替えなどを入れるために洗面所に透明ケースを置いているご家庭もあるかと思います。洗面所などはお客さんにも見られてしまう可能性のある場所なので、透明ケースにはちょっと工夫をして外から見えないようにするといいでしょう。

透明の3段ボックスケースの内側に、可愛い柄の布を入れて貼り付けておくと、統一感が出て中身を隠すこともできてオススメです。おしゃれな柄の布をしのばせておくとちょっとした部分ですが洗面所が華やかになっていいですね。

透明のボックスケースの中身隠しに使えるアイテムがもう一つ、百円ショップで買える「PP(ポリプロピレン)シート」です。下敷きのようなもので、少し切ったりしてケースに入れると、簡単にシンプルに中身を見えなくすることができる優れものです。

カフェカーテンでおしゃれに目隠しできる

見せない収納
引き出しやクローゼットの中ではない場所に収納しているものについても、カフェカーテンなどをつけてあげることで簡単に目隠しができ見せない収納が完成です。

少し雑然とした場所があったらカフェカーテンで隠してしまえば見た目もすっきりおしゃれになります。おしゃれな布を使ってかわいく収納してみましょう。

まとめ

見えないところも収納ポイントがあって、そこを押さえて収納すれば実用性がアップします。

今回ご紹介したポイントを抑えて「見せない収納」を見直してみましょう。