リビングダイニングの収納に大切な6つのコツ

リビングダイニング収納

家族で使うリビングダイニングはリモコンや書類が散らかってしまいがちです。みんなのものが置いてあり、捨てる捨てないの判断が難しいですよね。

この記事ではそんなリビングダイニングの収納のコツをご紹介いたします。

普段のリビングダイニングでの行動を確認

リビングダイニング収納

毎日使うものと、滅多に使わないものが見えてくると思います。リビングダイニングには普段からよく使うものを収納するようにしましょう。

滅多に使わないものがリビングダイニングにあるのであれば収納場所を見直してみると良いでしょう。

ジャンルわけをする

リビングダイニング収納

リビングクローゼットを使って収納する場合も、テレビ台やチェストを使って収納する場合も、まずはざっくりジャンル分けをする必要があります。それをカゴなどを使い、分けて収納していきます。

使用頻度の高いもの、低いけどリビングに置いておきたいもの、そのなかで日用品や書類、文房具などさらに細かくわけてください。

テレビ台を収納に利用する

リビングダイニング収納

家族みんなでよく使うのはテレビ台収納を活用します。ここには使用頻度の高いリモコンや充電器、爪切り綿棒などの日用品を収納するようにしましょう。

使ったらここに戻すようにするという簡単なルールを家庭で決めておくといいでしょう。

リビングクローゼットを利用する

リビングダイニング収納

リビングクローゼットを使うと雑然としてしまうものをスッキリ収納することができます。リビングクローゼット内に収納する際も、ジャンルわけのとおりにきれいに収納しましょう。

基本的にリビングに置いておきたいものは使用頻度は高いわけなので、見えない部分だからと適当にしてしまったら、いざ使うときにどこに何を収納したかがわからなくなってしまいます。ここも分類した内容に沿って一つ一つ丁寧に収納していきたいですね。

小さめのチェストを利用する

リビングダイニング収納

収納に便利なチェストも小さめのものならリビングダイニングに置いても圧迫感をそれほど感じずに収納を増やすことができます。

小さめのチェストには、おしゃれでかわいいものがあるのもおすすめポイントですね。

ただ収納力に優れているというわけではないので、物が多いご家庭は必要なものか不要なものかをしっかりと見極めて利用する必要がありそうです。

細かくケースを利用し収納

リビングダイニング収納

どこに収納するにしても、いざ使う時にわかりやすいように、ケースでさらに分けておくのが賢明。書類などは特にバラバラにしてしまうと何が何かわからなくなってしまうので、ファイルボックスを活用するなどの工夫が必要になります。

実際に使う時のことを想定して、このボックスは書類、このケースには日用品、と決めてそれぞれの場所に収納するようにしましょう。

まとめ

リビングダイニングに置いておかないといけないものなのか、まずはそこをしっかり考えて判断してから、ジャンル分けをし、それをどこにおくのがいいか、と順番を決めて収納してみてください。

スッキリしたリビングダイニングにするためには収納後に散らかっていかないよう、家族との簡単なルール作りもしておくといいでしょう。