キッチンやお風呂を片付けるコツは?S字フックを賢く使った収納術

フック収納

100円ショップなどで安く買えるフック。S字フックやマグネットフック、フィルムフックなどいろいろな種類があり、家じゅうのいろいろな場所の収納に使えます。

今回は「キッチン」「お風呂」「クローゼット」の3つの場所で、フックを賢く活用するアイデアをご紹介します。

キッチンのフック収納アイデア

キッチンのフック収納

まずはキッチンでフックを活用するアイデアからご紹介します。ものが多いキッチンですが、フックがあればデッドスペースを使ってすっきり収納できますよ

キッチンツールを収納する

へらやおたまなど、料理に頻繁に使うキッチンツールはサッと取り出せる場所に収納しておくと、作業効率がアップします。キッチンの壁にタオルバーを取り付け、S字フックで吊り下げて収納するのはいかがでしょうか。

レンジフードの種類によっては内側にフックを引っ掛けられる溝があるので、S字フック単体でキッチンツールを吊り下げることもできます。

引き出しに収納するよりも取り出すのが楽なうえに、カフェのキッチンのようなおしゃれな雰囲気を演出できますよ。

エプロンやエコバッグを収納する

キッチンの入り口の壁にフックを取り付けてエプロンを収納すれば、キッチンに入るときにサッと付けられてスムーズです

また食材の買い物用のバッグもキッチンにかけておけば、買い物から帰って食材をしまったあとに楽に戻せます。

ゴミ袋をかける

シンク下の扉にフックをふたつ取り付ければ、簡易ゴミ袋を設置できます。扉取り付け用のフックをふたつ取り付け、レジ袋の持ち手をとそれぞれのフックに引っ掛けるだけです。調理中に出た生ごみなどを手元でサッと捨てられるので便利ですよ

お風呂のフック収納アイデア

お風呂のフック収納

次にお風呂でフックを活用するアイデアをご紹介します。水にぬれる場所なので、ステンレス製のフックが適しています。ユニットバスの壁にマグネットがくっつく場合はマグネットフックなどもおすすめです。

シャンプーボトルをかける

シャンプーやボディソープのボトルは、直置きすると底に水が溜まってヌメリが付いたりカビが生えたりします。でもこまめに掃除するのは面倒ですよね。

ヌメリやカビを防ぐにはなるべく水気をきって乾燥させることが重要です。お風呂の壁に付いているタオルバーにボトルを吊り下げられる、ボトルハンギングフックを活用しましょう。

洗顔フォームなどのチューブ状のものは、クリップフックを使うと挟んで吊り下げることができます。

椅子や洗面器を収納する

風呂椅子や洗面器、手桶なども吊り下げて収納すると掃除がぐっと楽になりますよ。洗濯物干し用のバーがあるお風呂なら、S字フックを洗面器や風呂椅子の穴にひっかけてつるすことができます。

バーがなければ壁に取り付けられるフィルムタイプのフックもおすすめです。フィルムタイプのフックは、でこぼこがないフラットな場所なら簡単に取り付けできて、従来の吸盤タイプより外れにくいので、お風呂場の収納に最適です。

掃除道具を収納する

お風呂掃除用のスポンジやブラシも、雑菌が繁殖しないようになるべく乾かして収納しましょう。ループ付きのスポンジはS字フックで吊り下げ、付いていないスポンジはクリップフックを使うと壁に吊るすことができます。

クローゼットのフック収納アイデア

クローゼットのフック収納

最後にクローゼットでフックを活用するアイデアをご紹介します。すっきり収納されたクローゼットならおしゃれのモチベーションもアップすること間違いなしです。

バッグを収納する

バッグは棚の上に置くと型崩れしやすいので吊り下げ収納がおすすめです。クローゼットのポールにS字フックを取り付けて、バッグをかけて収納しましょう。それぞれのS字フックの長さを変えると、バッグ同士が重ならないのでたくさん収納することができますよ。

ズボンを収納する

ズボンはたたんで引き出しの中に収納している人が多いのではないでしょうか。でもそれだとズボンがシワになったり、引き出しの中に湿気がこもったりしがちです。

クローゼットのポールにS字フックを取り付け、ズボンのベルトループを一か所フックに引っかければ、洋服屋さんのようなおしゃれな収納ができます。たたんで引き出しにしまうより楽チンです。

アクセサリーを収納する

ネックレスやブレスレットは、トレーに入れると絡まったり、探しにくかったりしますよね。アクセサリーをたくさん持っている人は、フックを使って収納するのがおすすめです。

クローゼットの中に突っ張り棒を取り付け、S字フックをいくつかかければ、アクセサリーを1本ずつわかりやすく収納できます。スカーフやサングラスなどを一緒に収納するのもいいですね。コーディネートを考える時間が短縮され、朝の支度がスムーズになりますよ。

まとめ

フックを使った収納術をご紹介しました。フックは安くてどこでも手に入りやすいうえに、さまざまな使い方ができるのでコスパ抜群のアイテムです。

100均でもいろいろな種類、サイズのフックが続々と登場しているので、ぜひお部屋の整理整頓に活用してみてくださいね。