クローゼットの服を見せる収納に!おしゃれにする5つのポイント

洋服収納

どこのご家庭でもつい場所を取ってしまう洋服収納。分かっていても似たような服を買ってしまったり、洋服にこだわりが強かったりすると、どんどん増えていってしまいますよね。収納くらいはスッキリ見せたいもの。

今回はそんな溢れる洋服をおしゃれに見せる収納で整理する方法を5つご紹介いたします。

S字フックでおしゃれにデニム収納

まずはじめにご紹介したいのが S 字フックを使ったデニムの収納法。おしゃれなショップに行くとデニムをS字フックに吊るしているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。S 字フックを使うだけでおしゃれに収納できますし、畳んだ時にできるシワの心配もいりません。

デニムをたくさん持っている場合は、S 字フックに吊るしたデニムゾーンを作ってもいいでしょう。デニムの他にもバッグや帽子などの小物を吊るすのにも最適なS 字フック。ぜひ活用してみてください!一気にこなれた見せる収納ができますよ。

ハンガーにかけるものは同系色で並べよう

クローゼット内にハンガーでかける場合の収納方法ですが、ただ適当にかけて並べるのではなく、似た色味のものでまとめるとすっきり整理して見せることができます。同系色のものをまとめてかけるだけなので簡単にチャレンジ出来ますし、これだけで整理された空間を作ることができるのでオススメです。

収納の定番、ボックスを使ってすっきり見せよう

クローゼット内にボックス毎に分ける収納を作るのもおすすめです。畳んだ時のシワが気になるものや、出番が多い服はハンガーにかけて吊るし、その他の服はきれいに畳んでボックスにしまうとクローゼット内がすっきりして見えます。

ボックスにしまう際のポイントとしては、トップス・ボトムス・インナー・ルームウェアなど種類ごとにしっかり分けてラベリングしておくことで、見た目もお洒落で使い勝手も良くすることができます!

畳んだものはあえて見せてセレクトショップ風収納

とことん見せておしゃれに収納するならば、あえて畳んだ物をボックスなどに収納せずに、積んで置いておくだけでオシャレなセレクトショップのように見せられるのでおすすめ。ハンガーに吊るしたものの下にきれいに畳んだものは積み上げておくと、ぱっと見てどこに何があるか分かりやすいですし、実際に着るときの利便性も高まります。

畳んだものの中でも出番の多い服は見えるところに積んでおき、他はボックスにしまうという合わせ技ですっきりおしゃれに収納できるとさらにいいですね。

ハンガーラックで気分も高まる?

クローゼットに収まりきれない洋服はハンガーラックを用いて見える位置に置いておくのも一つの見せる収納法です。ハンガーラックにつるすものは、おしゃれな洋服やお気に入りの洋服など、自分が目で見て気分が高まるものをおすすめします。

収納場所が足りない場合に手軽に取り入れることができるものなので、是非ハンガーラックを使った収納方法、検討してみてください!

まとめ

洋服を収納する際にはショップで見るようにおしゃれに収納したいものですよね。しかし、あまり服が多すぎると、どうしても収納場所を確保するのが難しくなってきます。お洋服を収納する際には本当に着るものかどうか見極めることも大切です。

処分できるものは思い切って処分し、おしゃれにすっきり見せる収納で気分をあげてみませんか?