洋服・バッグ・アクセサリークローゼット吊るす収納アイデアまとめ。ズボラな人のための整理整頓のコツ

クローゼットの吊るす収納

クローゼットの整理整頓できていますか?洋服やバッグをしまうのが面倒で、つい部屋に置きっぱなしにしてしまうという人も多いのではないでしょうか?

今回はしまいやすく取り出しやすいクローゼットにするための「吊るす収納術」をご紹介します

すっきりと片付いたクローゼットなら毎朝の支度がスムーズになり、おしゃれをするのもきっと楽しくなりますよ。

洋服の吊るす収納術

まずは洋服の吊るす収納についてご紹介します。ニットなどの型崩れしやすい洋服以外は、タンスの引き出しではなくハンガーポールに吊るして収納するのがおすすめです。

ズボラさんにおすすめのたたまない収納

ズボラさんにとって、洋服を1枚1枚たたんでタンスにしまうという作業は難易度が高いのではないでしょうか?あとでやろうと一時的に置いたつもりの洋服が、いつの間にか山積みになっている…なんてことになりがちです。

たたむ手間を減らすために洋服はできるだけハンガーに吊るして収納しましょう

洋服を洗濯したらランドリー用のハンガーではなく、クローゼット収納用のハンガーにかけて干します。乾いたらそのままクローゼットのハンガーポールにかけるだけで収納は完了!洗濯物を取り込む労力と時間をかなり減らすことができますよ。

ハンガーを統一する

ハンガーはクリーニング店でもらうプラスチックのものではなく、おそろいのハンガーで統一しましょう

すべての洋服のハンガーをアルミハンガーやMAWAハンガーなどの薄型ハンガーに変えるだけで、洋服でぎゅうぎゅうだったクローゼットの中がすっきりします。

クローゼット内の空間にゆとりができると、しまうときも取り出すときも楽になりますよ。さらに色別、丈の長さ順などで洋服を並べると見た目が整って見えるのでおすすめです。

ズボンはS字フックで吊るす

ズボンはS字フックをベルトループに引っ掛けるとハンガーポールに吊るすことができます。ワンアクションでサッとかけることができて楽ちんなうえにシワになるのも防げます。

見た目も洋服屋さんのようなおしゃれな雰囲気になるのでおすすめです。

バッグの吊るす収納術

帰宅後バッグを床に置きっぱなしにしていないでしょうか?

自立できないやわらかい素材のバッグは、折れ曲がって型崩れしてしまうことがあります。お気に入りのバッグを長く使うためには、吊るす収納がおすすめです

ハンガーポールにS字フックで吊るす

100円ショップで売っているS字フックを使って、バッグをクローゼットのハンガーポールに吊るして収納しましょう。

このとき中の荷物を取り出してバッグを休ませてあげることが、バッグの寿命を延ばすポイントです。

 

100円ショップにはさまざまな種類のS字フックが販売されています。バッグを吊るして収納するときには、フックが落ちないようにロックできる器具付きのタイプや、バッグを縦に収納できるように中心でねじれているタイプのS字フックがおすすめです。

収納ラックで吊るす

クローゼットのハンガーポールに吊り下げるタイプの収納ラックもバッグの収納におすすめです。

洋服用ではなくバッグ用の縦長タイプの収納ラックを選ぶとバッグの形状をキープしながら保管することができます。

アクセサリーの吊るす収納術

ネックレスやピアスはアクセサリートレーに収納するとからまりやすく、探すのに時間がかかることも。

吊るす収納なら目当てのものをサッと取り出せるのでおすすめです。クローゼットの中のデッドスペースを有効に活用しましょう。

クローゼットの扉の裏はアクセサリーの収納にぴったりの場所です。フックをいくつか取り付け、ネックレスやブレスレットなどを吊るしましょう。

賃貸なので扉に傷をつけたくないという場合には、クローゼットの右端か左端に突っ張り棒を縦に取り付け、S字フックをかければアクセサリーの吊るす収納が可能です。スカーフ、ベルトなどを一緒に収納するのもいいですね。

クローゼットの中にアクセサリーの収納スペースをつくれば、洋服とのコーディネートを考えるときにもスムーズです。

ブランコハンガーで収納スペースを増やす

洋服やバッグをすべてハンガーポールに収納するとなると、かける場所が足りなくなってしまうことも。

そんなときは「ブランコハンガー」を使ってクローゼット内のデッドスペースをうまく活用しましょう。

ブランコハンガーはその名の通りブランコのような形をしていて、クローゼットのハンガーポールに取り付けるとその下にもう一段ポールを増やすことができるという優れものです。クローゼットの外にハンガーラックを設置しなくても、クローゼットの中のデッドスペースを使って収納スペースを増やすことができますよ。

ブランコハンガーが入手できないときや、なるべくお金をかけたくないという人は、100均の材料を使ってDIYしてみてはいかがでしょうか。クローゼットのハンガーポールの両端にチェーンを取り付け、チェーンの間に突っ張り棒を渡せばブランコハンガーと同じようにクローゼットのポールを二段にすることができます。

まとめ

今回はクローゼットの吊るす収納についてご紹介しました。

ズボラさんは洋服はできるだけ吊るす収納にして収納の手間を削減しましょう。バッグやアクセサリーもクローゼットの中に吊るして収納すると朝の支度がスムーズになります。吊るす場所が足りなくなったときにはブランコハンガーを使うのがおすすめです。