クローゼットに布団を収納するには?畳んでも入らないときは立てるのがコツ

クローゼットの布団収納

近年、洋室の住宅が増えています。ベッドではなくフローリングの床に布団を敷いて寝ているという人も多いのでは?

布団の場合畳んで収納すれば、日中は部屋を広く使うことができるというメリットがありますよね。しかし問題は畳んだ布団の収納場所です。

洋室のクローゼットは布団を収納することを想定して作られてはいないので、畳んだ布団を入れるには奥行きが足りない場合が多く、収納の仕方に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、クローゼットの布団収納アイデアについてご紹介します。

クローゼットの布団収納法

まずはクローゼットに布団を収納するときの方法や注意点を確認しましょう。

クローゼットに布団を収納するときのコツ
  • 三つ折りでダメなら四つ折り
  • 湿気を飛ばしてから収納
  • 定期的にクローゼットの空気を入れかえる

以下では、各項目について詳しく解説しています。

クローゼットと布団のサイズ

シングルサイズの敷布団は三つ折りにすると、奥行きが70cm~80cmくらいのサイズになります。

それに合わせて一般的な和室の押入れは奥行きが80cmくらい設けられているのですが、クローゼットは奥行きが60cm程度の場合が多いようです。

布団を三つ折りしてもクローゼットに入りきらない場合は、四つ折りに畳んで収納しましょう

布団は湿気を飛ばしてから収納する

人は1日にコップ1杯分の汗をかくといわれています。起きてすぐに布団を収納するとクローゼットの中に湿気がこもって、カビやダニの発生の原因になることも。

毎日布団を干すのは難しくても、ある程度湿気が蒸発するまで時間をおいてから収納するのがおすすめです

布団をクローゼットの床に直に置くと湿気がたまりやすいので、すのこを敷いた上に収納するのがいいでしょう。

毎日布団の上げ下げをしている人は、キャスター付きの布団収納用ラックを取り入れると作業が楽になります。ラックに入れることで通気性も良くなるので一石二鳥です。

時々空気を入れ替える

普段寝ているのはベッドだけれど、来客用の予備の布団をクローゼットに収納したいという人も多いのではないでしょうか?

布団を長期間詰め込んだままでは湿気がたまってカビが発生しやすいので、時々扉を開けてクローゼット内の空気を循環させましょう

クローゼットにぎゅうぎゅうにものを収納した状態ではやはり通気性が悪くなるので、ある程度空間が空くようにゆとりを持たせて収納することが大切です。

小さなクローゼットでは布団を立てて収納する

敷布団が四つ折りに畳めない場合や、そもそもクローゼットの横幅が足りなくて入らないというときには、クローゼットの高さを利用して布団を立てて収納しましょう。

ここでは布団を立てて収納する方法をご紹介します。

ロール状にして立てる

布団を端からくるくると丸めてロール状にすると、クローゼットの中に立てて収納できるようになります。

ビニールひもや、結束バンドなどを利用して丸めた布団を固定しましょう。ひもやバンドは100均でも入手できるので最も安価な方法です。

布団収納ケースに入れて立てる

クローゼットの布団収納ケースとして人気なのが、IKEAの「SKUBB」という収納ケースです。

SKUBBはボリュームのある羽毛布団でも、手で押して空気を抜きながらファスナーを閉めればコンパクトに収納することができます。中には板が入っているので、折れ曲がらずに自立させられるのが特徴です。

ただし敷布団はSKUBBには入らないので、敷布団を立てて収納したいときには円筒状の布団収納ケースなどを利用しましょう。

シーズンオフの布団は圧縮袋に収納する

シーズンオフの布団や来客用布団などは布団用圧縮袋を使うと省スペースで収納できます。

布団圧縮袋には掃除機で空気を吸って圧縮するタイプや、手で押して空気を抜くタイプなどがあります。

ダニやカビの発生を防止するためにも、晴れていて湿度が低い日にしっかりと乾燥させてから圧縮しましょう。

布団を収納しないという方法も

クローゼットが小さく、布団を立てても収納が難しいという場合は、布団を収納せずに部屋に出しっぱなしにするという方法もあります。

布団をソファに変身させることができる収納ケースがあるのをご存じでしょうか。

掛け布団と敷布団をそれぞれ専用の収納ケースに入れ、壁際に設置すればローソファーとして使うことができるんです。

この方法なら布団を部屋に出しっぱなしにしても汚れやほこりが付くのを防ぐことができ、クローゼットよりも通気性がいい状態で収納できます。

まとめ

今回はクローゼットの布団収納の方法について解説しました。奥行きのないクローゼットに布団を収納するには、布団を丸めたり収納ケースに入れたりして立てるのがポイントです

ただしカビが発生するのを防ぐためにも、ぎゅうぎゅうに詰め込まず、通気性が悪くならないように注意しましょう。