普通の窓をスリガラスにする方法は?目隠しに使えるアイデア5選

カーテン代用

カーテンは部屋の雰囲気を大きく変えたり、眩しい太陽光を遮断してくれたり、外からの目隠しをしてくれたり、さまざまな点で生活に欠かせないものですよね。

しかし、カーテンのサイズがない小さな窓はどうしたらいいのでしょうか?

この記事ではそんな時に役立つアイデアをご紹介します。

カーテンが使えない場所はどうする?

今回紹介するカーテンの代用品が役立つ場面をいくつか挙げてみました。

  • カーテンが使えない小窓
  • 水回りの窓
  • スリガラスになっていない窓

大きさが対応していない小窓や、湿気の多い水回りの窓など、カーテンが使えないけど日差しや外から見えてしまうのが気になるといった場所はどうしたらいいか悩んでしまいますよね。

そんな時にはカーテンとして代用できるもので対応しましょう。かわいいカーテン代用法をぜひ参考にしてください。

カーテン以外で代用する目隠しアイデア5選

「布の切れ端」がうまれかわる

布を細めに切ってつっぱり棒に結びつけていくだけで完成するので、とても簡単です。

お部屋の雰囲気に合わせた色の布をチョイスすれば、あっという間におしゃれ空間の出来上がりです。

「パッチワーク」で細かい切れ端も再生利用

さらに細かい布の切れ端を有効利用するなら「パッチワーク」もおすすめです。

縫い合わせるだけでオリジナルの布が完成します。自分好みの布を作ってかわいいお部屋にできると気分も高まりますね。

夏は「すだれ」で気分も涼しく

夏におすすめなのが「すだれ」を代用するアイデアです。

夏の厳しい日差しを遮ってくれ、見ているだけでなんだか涼しくなる見た目が夏にぴったりですね。

写真のような夏らしいかわいい飾りがあると最高です!お子さんのいらっしゃるご家庭であれば、お子さんと一緒に作ると子どもならではのセンスでいいものができそうですね。

「キッチンタオル」は簡単かわいい代用品

「キッチンタオル」にはとてもかわいらしい絵柄のものが多いですよね。この特徴を生かして、そのままカーテンの代わりに使います。

ポスターハンガーとの相性抜群なので、小窓にはぜひキッチンタオルとポスターハンガーでかわいいオリジナルカーテンをかけてみてはいかがでしょうか。

貼り付ける「目隠しシート」で風呂場対策

カーテン 代用

お風呂場は湿気が多く濡れてしまうので、窓に貼るタイプの「目隠しシート」がオススメです。

貼るだけでスリガラスになるもの、遮光性があるもの、水だけで貼れるものなど、さまざまな特徴を持った目隠しシートがありますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

カーテンの代用品にできるアイテム
  • 布の切れ端
  • パッチワーク
  • すだれ
  • キッチンタオル
  • 目隠しシート

カーテンのサイズが対応していない小窓は、自分好みの部屋の雰囲気にできます。

つっぱり棒やポスターハンガーで取り付ければ、飽きた時にもすぐ付け替え可能なのでチャレンジしやすいですよね。

おうちの気になる窓に今回ご紹介したアイデアを、ぜひ参考にしてください。