シンプル収納に大切な5つの方法と本質的な3つのポイント

シンプル収納

「きれいに片付けたつもりなんだけど、なんだか雑然として見えてしまう」と思ったことはありませんか?

そんなとき片付けに取り入れてみると一気にすっきりシンプルな見た目になるアイテムやポイントを紹介します。

シンプル収納に大切な5つの方法

  • クローゼット収納はハンガーと服の色をそろえる
  • キッチン収納は調味料ケースを揃える
  • 小物収納はしっかり区分けする
  • 収納ケースはシンプルな色にする
  • 「ファイルボックス」を使う

クローゼット収納はハンガーと服の色をそろえる

クローゼットに服を収納するとき、近い色でまとめてかけるだけでシンプルな収納ができます。たったこれだけで見た目がごちゃごちゃせずスッキリ見えますよね。このとき、あわせてやってみるとさらにスッキリ見せられるポイントはハンガーもそろえることです。

いろんな色のばらばらのハンガーではせっかくそろえた服の色のスッキリ感が半減してしまいます。ぜひ服のシンプル収納に挑戦する際はハンガーからそろえてみて、服の色の系統ごとにまとめるようにしてみてください。

キッチン収納は調味料ケースを揃える

調味料は大きさやボトルなどの色も様々で統一感がありませんよね。そこで調味料ケースを同じものにしてラベリングなどで区別できるようにしておけば、シンプルなキッチンにすることができます。

同じケースに入れておけば高さも同じなので、引き出しにまとめてしまうことができ、整然とした見た目が見ていて気持ちがいいですね。ここまで思い切ってできれば、シンプル収納に目覚めてどんどんはまっていきそうです。

小物収納はしっかり区分けする

文具や調理器具などの小物を引き出し内で収納するときには、一つ一つしっかり分けておかないといざ使うときに探すのが大変ですよね。

無印良品や100均などのシンプルな区切りがある収納ケースで区分けして収納するだけで簡単にすっきりさせることができます。区分けしたほうが使い勝手が良く、見た目がすっきりするのでぜひやってみてください。

収納ケースはシンプルな色にする

収納ケースはモノトーン、茶系、グレーなどのシンプルな色にしてみましょう。部屋をシンプルに見せる収納をしたい方は、これだけで空間の見え方がまったく違うのでぜひ挑戦してみてください。

バスケット、布、プラスチックと素材がちがったり、大きさ、色がちがっても、色をシンプルな色と決めているだけで統一感はしっかり出ますので、カラフルなものはケースの中にしまうつもりで、シンプルなケースにこだわって選ぶようにしてみてください。

「ファイルボックス」を使う

シンプル収納の定番といえば「ファイルボックス」です。

大きさや色にちがいがありますが、統一感がありますよね。どうしようか迷ったときにはとりあえずファイルボックスをいくつか買って、中に簡単に種類分けしてしまってみてください。

シンプル収納やってみようかなと思っている人はここから始めたら始めやすいかと思います。100均や無印良品、ニトリなどで手に入れられるところも手軽ですね。ぜひ取り入れてみてください。

まとめ

ポイント
  • 統一感を出す
  • 区分けする
  • まとめる

色や収納ケースで統一感を出すということで簡単にシンプル収納が実現します。リビング、キッチン、クローゼット、脱衣所、トイレ、どこでも実践できるので、できそうな場所から小さく始めてみるといいですね。

シンプル収納ができたら人に見られて恥ずかしくないのはもちろんですが、自分で見ていて気持ちがよく、さらにきれいにしていこうという気持ちになれます。ぜひ、簡単にできるシンプル収納、挑戦してみてください。