無印・100均でゲットできるスライダーケース(EVAケース)の7つの活用方法

スライダーケース
家の中で片付けをするとき、細かいものをどうやって収納したらいいか迷ったり、失くしたらいけない大事なものをどうやって管理しておこうか迷ったりすることってありますよね。

そんなときにおすすめなのが「スライダーケース(EVAケース)」です。

この記事では、スライダーケースを知らない方にも分かりやすく、その魅力とおすすめの活用方法を紹介していきます。

スライダーケースのメリット

メリット
  • 細かいものをスマートにまとめられる
  • 立てて収納できる
  • 無印や100均でゲットできる
  • サイズ展開が豊富

細かいものをばらばらにならずにスマートにまとめることができ、収納の際には立てて収納することができます。無印良品や100均で手に入れることができ、小さいものから大きいものまでサイズ展開も豊富なので、あらゆる物の収納や管理、持ち運びに対応できるのです。

7つの活用方法

はがきや切手に使う

はがきや切手など、小さくて収納しにくいものにスライダーケースを使用し、引き出しや収納ケースに保管するときれいに整理できます。立てて収納することもできるため、取り出しやすく、整頓されて見えるのがポイントです。

ブックエンドとともに使う

ブックエンドとの相性も抜群です。せっかく細かいものでもまとめることで立てて収納することができるため、ブックエンドで区切りをつけて保管しておくのもいいですね。

ブックエンドなら身近にあるアイテムなので、すぐにマネできる収納術です。ぜひトライしてみてください。

通帳、納付書に使う

大事なお金関係の書類をスライダーケースを使ってまとめておくとなくさずにしっかり管理しておけるのでおすすめです。

たとえば通帳や税金の通知書、光熱費の請求書、納付書などを、スライダーケースに入れてラベリングしておくとパッと出し入れできますし、持ち出すときにも便利です。

玄関先の書類入れにテキトーに突っ込んでしまっている方は、ぜひ試してみてください。

化粧品に使う

外出先でも使うような化粧品やハンドクリームなどをスライダーケースにしまっておけば、そのままの状態でバッグに入れて持ち運べて、バッグを変えてもすぐに入れ替えられる点で便利でおすすめです。

旅行でパッキングするときも、化粧品用のスライダーケースを放り込むだけであっという間に準備が整います。忘れ物防止にもなるので、頻繁に「ヤバい化粧落とし忘れた(笑)現地調達せねば…(汗」となる方はぜひやってみてください。

※ただし、スライダーケースそのものを忘れると大変なことになります笑

湿布や絆創膏、ガーゼに使う

たくさんあってごちゃごちゃする湿布や絆創膏、ガーゼなども、スライダーケースを使ったらすっきり収納できます。

病院で処方される薬やお薬手帳、診察券などをまとめて管理するのにも向いていますよ。

マスクに使う

花粉の季節や冬場になるとマスクを使う方が多いですよね。そんなときにもスライダーケースがあれば便利です。

マスクを箱買いして、数枚だけスライダーケースに入れてバッグにしのばせておけば、数枚入りを買うよりも断然お得ですし、バッグに直接入れるより清潔に保てます。いざという時に使えるのでおすすめです。

乾物やふりかけに使う

キッチンでは乾物やふりかけなどをスライダーケースにいれて、立てて置いておくとスマートになります。バラバラにならずまとめておけるので便利です。

ふりかけをダイニングテーブルの上にテキトーに置いてしまっている方は、ぜひ活用してみてください。

まとめ

ポイント

細かいものをまとめるならスライダーケースを活用する

スライダーケースはとにかく色々なものを収納や管理するときに使えて、無印や100均で手軽にゲットできます。収納ケースやブックエンドと合わせて使えば、さらにきれいに見えます。ぜひ試してみてください。