ウォークインクローゼットの収納におすすめなアイテム6選

ウォークインクローゼット収納

賃貸住宅でも見かけることが多くなり、定着しつつあるウォークインクローゼット。しかしせっかくの広い収納スペースをどう使ったらいいのかわからず、うまく活用できていないという人も多いのではないでしょうか?

今回はウォークインクローゼットの中の空間を無駄なく使って、たくさんの洋服をすっきりと収納するコツをご紹介します

収納におすすめのアイテムもご紹介するので、洋服が片付かずに困っている人はぜひ参考にしてください。

ウォークインクローゼット収納の3つのコツ

ニット収納

まずはじめにウォークインクローゼットの収納のコツからご紹介します。

洋服はたたむ?吊るす?

洋服はきちんと形が保てるような方法で保管することが大切なので、洋服をたたんで収納するか吊るして収納するかは繊維の種類によって判断します。

ニットなどの編まれたものは網目が伸びないようにたたんで収納しましょう。

また、ウールツイードなどの毛織物はシワにならないようにハンガーにかけるのが最適です。

ただしたたむとシワになるものや、たたんで引き出しに入れるのが面倒で、それがクローゼットが片付かない原因になっている場合は、すべてハンガーにかけて収納するのもひとつの方法です。

洋服をハンガーにかけて収納するときの並べ方

洋服をハンガーポールにかけるときの並べ方には3つの方法があります。

  • 色別に並べる
  • 丈の長さ別に並べる
  • 季節ごとに並べる

白っぽい服から黒っぽい服へ…というように、色がグラデーションになるように並べると、見た目が整っておしゃれなクローゼットになります。

また洋服の丈の長さが短いものと長いものに分けて並べると、丈の短い洋服をかけたエリアの下のスペースが空くので、収納家具などを設置できるようになります。

クローゼットの広さや自分の好みで並べ方のルールを決めるようにしましょう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@kana.3252がシェアした投稿

クローゼットの下のスペースを有効に使う

ウオークインクローゼットはハンガーをかける収納は得意ですが、畳んで収納したい洋服がある場合にはタンスや引き出し収納を用意する必要があります。

またすべての洋服をハンガーで収納する場合も、ぎゅうぎゅうにかけすぎると洋服にシワができてしまうので、ブランコハンガーなどを利用してクローゼット下にも収納スペースを増やすのがおすすめです

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さん(@y_______________8)がシェアした投稿

ウォークインクローゼットのおすすめ収納アイテム

次にウォークインクローゼットの収納におすすめの引き出しや収納ケースをご紹介します。

  • 【無印良品】ポリプロピレン収納シリーズ
  • 【squ+】froq(フロック)
  • 【IKEA】SKUBB(スクッブ)収納 6コンパートメント
  • 【ニトリ】かんたんに2段吊りスペースが作れる吊り下げハンガー
  • 【無印良品】ポリエステル綿麻混・ソフトボックス
  • 【IKEA】 SKUBB(スクッブ)ボックス

【無印良品】ポリプロピレン収納シリーズ

無印良品衣装ケース

クローゼットの収納ケースの定番といえば無印良品の「ポリプロピレン収納シリーズ」です。半透明なので中のものをほどよく隠して収納でき、インテリアのテイストを選ばずどんな場所でも馴染みます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

asさん(@________.as)がシェアした投稿

【squ+】froq(フロック)

フロック衣装ケース

squ+の「froq(フロック)」は積み重ねても横から取り出すことができる収納ボックスです。

クリアカラーのほかにブラウンやピンク、イエロー、ブルーのカラフルなケースもあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SAYAさん(@saya.s.a)がシェアした投稿

【IKEA】SKUBB(スクッブ)収納 6コンパートメント

IKEA SKUBB

IKEAの「SKUBB(スクッブ)収納 6コンパートメント」は、クローゼットのハンガーポールにマジックテープで留められる吊り下げ式の収納棚です。

ニットなどのハンガーにかけたくない洋服や帽子、カバンや小物などの収納におすすめです

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sayako.さん(@sysysysy_0623)がシェアした投稿

【ニトリ】かんたんに2段吊りスペースが作れる吊り下げハンガー

ブランコハンガー

クローゼットを2段にしてたくさんハンガーがかけられるニトリの「かんたんに2段吊りスペースが作れる吊り下げハンガー」です。

100均に売っているチェーンとS字フック、つっぱり棒を組み合わせても同じような吊り下げハンガーをつくることができますよ。かける洋服が多い人や、たたむ収納が面倒な人におすすめです

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

きこりんさん(@kico___rin)がシェアした投稿

【無印良品】ポリエステル綿麻混・ソフトボックス

無印良品ソフトボックス

ウォークインクローゼットの上段の棚は手が届きにくく取り出しにくい場所なので、あまり使用頻度の高くないものを収納しましょう。水着やマフラーなどの季節ものを収納するのもおすすめです。

無印良品の「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス」は軽くて上段にも持ち上げやすく、やわらかい素材で落としても危なくないので上段の収納ボックスとして最適です。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mikiさん(@miki_myroom)がシェアした投稿

【IKEA】 SKUBB(スクッブ)ボックス

IKEAスクッブボックス

3つセットで販売されているIKEAの「SKUBB(スクッブ)ボックス」も布製の軽いボックスなので、クローゼットの上段の収納にぴったりです。手前に大きな持ち手がついているのでスムーズに上げ下ろし可能

SKUBBシリーズは布団が収納できる大きいサイズなどもあり、クローゼット収納におすすめです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

naさん(@room_shiro)がシェアした投稿

まとめ

ウォークインクローゼットの収納のコツ
  • ニットなどの編まれたものはたたんで収納する
  • ウールやツイードなどの毛織物はハンガーにかけて収納する
  • 色別、長さ別、季節別など洋服の並べ方のルールを決める
  • 引き出しや吊り下げハンガーを使ってクローゼット下のスペースを有効に使う

今回はウォークインクローゼットをもっと使いやすくする収納のコツやおすすめアイテムをご紹介しました。

たたんで収納したい洋服が多ければ引き出し、ハンガーで収納する洋服が多ければ吊り下げハンガーなどを使って、クローゼット下を有効に使うと、クローゼットの収納力は格段にアップします。

スッキリと片付いたクローゼットなら毎朝のコーディネートが決めやすくなり、朝の支度もスムーズになるのでぜひ試してみてください。