クローゼットをすっきり見せるには?かさばるコートの収納法

冬が終わると、コートやジャケットがかさばって収納方法に悩む人、多いのではないでしょうか?

次の冬まで1年近くしまっておくわけですから、綺麗に上手に収納しておきたいものですよね。

今回は、アウターを収納しつつクローゼットをすっきり見せる方法を紹介します。

クリーニング後のカバーは外す

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フラットクリーニングさん(@flat.cleaning)がシェアした投稿

まずはコートを収納する前に、クリーニングから戻ってきた時についているカバーは通気性が良くないのでそのままにしないで外してから保管します。

ホコリが付かないよう、外さないで保管している人もいらっしゃるかもしれませんが、そのままにしておくと変色やカビの原因になることもあるので注意が必要です。ホコリが気になる場合は改めて衣装カバーをつけるようにしましょう。

クローゼットをすっきり見せる収納のコツ

来シーズンまで着ない服はクローゼット上段へ収納

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

miyabi ◡̈︎さん(@myb.ig.room)がシェアした投稿

手の届きづらい位置にオフシーズンのものを収納するようにしましょう。たたんでしまう場合、収納ケースに入れて、クローゼットの上段に収納します。

ケースは取り出すときに落下すると危険なので、軽い布製のものがオススメです。布製のものだと通気性もあり、シンプルで統一感があるので綺麗に見せることができます。

吊るす場合はシンプルな衣装カバーで統一

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

10net impress & organizeさん(@impress_and_organize_closet)がシェアした投稿

クローゼット内に吊るして保管する場合は、そのままだとホコリが気になりますし、見た目も雑然としてしまいます。衣装カバーを揃えて清潔感のある白などで統一すると綺麗にスッキリ見せることができます。

実はハンガーも全て同じものにすることで吊るす数を増やすことができるのでオススメです。見た目もスッキリしますので、ぜひ衣装カバーと合わせてハンガーも揃えてみてはいかがでしょうか。

収納スペースが足りない!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アンジェ web shopさん(@angers_web)がシェアした投稿

収納スペースが少なかったり、どうしてもコートの数を減らせない!という人は、圧縮パックを使うと収納スペースを効率よく活用できます。

吊るせる圧縮パックもありますのでコンパクトさを重視される方は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回はクローゼットを綺麗に見せつつコートを収納する方法を紹介させていただきましたが、収納する前にまずは、限りあるスペースを有効活用するためにコートの状態や出番を見直してみてくださいね。

なかなか着なくなってしまったものや、毛玉・型崩れが気になるものは思い切って処分して、残ったお気に入りのコートを次の冬まで大切に保管しましょう。

また、コートは素材によってはたたまないほうがいいものや圧縮しないほうがいいものもありますので、特徴をよく知って、上手に収納してみてください。