ネックの形が大切?タンクトップの選び方と着回しコーデ

タンクトップス

引用:https://weheartit.com/entry/331106353

汗ばむ季節に活躍するコットントップスのなかで、意外と重要なのがタンクトップです。タンクトップの選び方が変わると、着こなしがスタイリッシュになります。

今回はおしゃれなタンクトップコーデと選び方をご紹介します。

夏コーデのブラッシュアップに役立ててくださいね!

タンクトップにこだわる7つの理由

①肌に一番近いアイテム

インナーのタンクトップとブラウスがマッチしているコーデ

引用:https://wear.jp/yoahiru35/14884840/

インナーとしての利用が多いタンクトップは吸水性の高さが求められるため、コットン生地を選ぶのがベストです。

インナーにしたときも手を抜いているとコーデがダサくなります。トップスとの色の相性、質感は注意したいポイントです。

②ネックの形で印象が変わる

スクエアネックで鎖骨美人のタンクトップ

引用:https://wear.jp/vicente/14792936/

ネックの形はコーデの印象に影響します。

MEMO

ネックの形

  • ラウンド:自然で柔らか
  • Vネック:シャープでクール
  • スクエア:明るくスタイリッシュ

ネックの開き具合

  • 狭い:知的なグッドガール
  • 広い:明るくヘルシー
  • かなり広い:開放的でセクシー

スクエアネックは、適度な開きと短め丈×ワイドパンツで、小顔で脚の長い、理想的なボディバランスを叶えますよ!

③ボディラインに響く

黒×オレンジのタンクトップコーデ

引用:https://wear.jp/copine2015/14724290/

タンクトップはボディラインが露わになりやすいアイテムです。サイズ選びは前からだけでなく、他の角度からも確認します。

MEMO
  • 下着のデザインが浮き出ていないか
  • サイドから見たボディライン
  • 脇の下のフィット感と開き具合

「脇の下からの下着チラ見え」はありがちな失敗なので注意してくださいね!

④夏コーデの主役になる

コーデの主役になるタンクトップ

引用:https://wear.jp/aotomio/14911005/

リブ、レース、ボタン、ボーダー、チェック、リボンとバリエーションは豊富なので、コーデの主役として着こなすことができます。

シンプルなデザインな無地は薄いとチープな印象が残ります。重ねるか、他のアイテムと質感を揃えるといいですよ!

⑤カラーコーデのキーアイテムになる

ブラウンのグラデーションがおしゃれなコーデ

引用:https://wear.jp/277035/14895424/

カラーコーデにも使えるため、バリエーションを揃えておくと着こなしに幅が出て便利です。

ただ、夏は汗染みも気になります。インナーとして使うだけなら関係ありませんが、幅広くコーデするには欠かせないチェックポイントです。

⑥レイヤードの出来栄えが変わる

オールインワンにタンクトップを重ねてすっきり

引用:https://wear.jp/k21850912/14888342/

オールインワンやキャミワンピースに重ねるのも人気のコーデですが、メインアイテムに対してサイズが合っていないと見栄えが悪くなります。

裾の長さは腰回りやお腹のラインに響きます。一度気になると落ち着かない部分なので必ず確認しておきましょう。

⑦トップスとして重ね着コーデができる

タンクトップの重ね着コーデ

引用:https://wear.jp/sanki0102/10880827/

タンクトップ同士やキャミソールとの重ね着は、ヘルシーな肌見せスタイルです。

バランスよく重なっているかで、おしゃれかどうか決まります。普段とは異なるサイズの方がいいケースありますよ!

タンクトップ選びのポイント

デザインタンクトップ

引用:https://weheartit.com/entry/288613987

さまざまな着こなしができるタンクトップは、選び方次第でコーデが垢抜けます。選ぶポイントをまとめると以下の通りです。

素材コットンの割合が多いか(※)
生地厚みと質感
ネックの形コーデの雰囲気や重ねるアイテムに合うか
サイズバストライン、脇の下、全体のフィット感
着丈コーデの邪魔になっていないか
他のアイテムとの相性、汗染みが目立たないか
デザインコーデや用途に合うか

(※)コットン100%でない場合、ナイロンやアクリルなどの化繊は色味にも影響します。

タンクトップは、インナーの枠に収まらない優秀なコットントップスです。自分に合う一枚を見極めて、垢抜けコーデにブラッシュアップしましょう!