低身長でも心配なし!スタイルアップするスカーフの巻き方とコーデまとめ

スカーフ

引用:https://weheartit.com/entry/331300584

「あと5cm身長が高かったら…」スタイルで悩んでいる方も多いと思います。

でも、もしかしたらちょっとした工夫でカンタンに解決するかもしれません。

今回はスカーフを使ったスタイルアップコーデをご紹介します。コーデバランスが悪くなってしまうという方も着こなしの参考にしてください(バンダナにもおすすめですよ!)

スタイルアップできる2つの巻き方

簡単でかわいい固結び

固結びの巻き方
  1. 裏が内側に隠れるように細長く折りたたむ(バイアス折り)
  2. 片側にゆるめの結び目を1つ作る
  3. もう一方の先を結び目に通す
  4. 長さや結び目を調整すれば完成

「固結び」は小さめのスカーフやバンダナに向いた巻き方で、旬のコンパクトな使い方にも合っています。

結び目を後ろやサイドに持っていくと違った雰囲気も楽しめます。

長いときはループノット(二重巻き)

ループノットの巻き方
  1. バイアス折りしたスカーフの中心を首の正面に当てる
  2. 左右の端を首の後ろでクロスさせる
  3. そのまま前に持ってきて結んだら完成

固結びだと長すぎる…と感じたときは、「ループノット(二重巻き)」がおすすめです。

首を覆う生地が増えるため、華やかな印象になる巻き方です。今っぽさを出すときは首をあまり覆わないように調整してくださいね!

身長+5㎝が叶うスカーフの使い方

首元に巻いてポイントを高くする

旬のスカーフコーデ

引用:https://wear.jp/kco3211/14741504/

春先から人気のスカーフは、取り入れ方に下記の3つの特徴があります。

  • 細く
  • 短く
  • 小さく

おしゃれなだけでなく、視点が高くなって身長をより高く見せる効果も期待できる使い方です。

チョーカーのように結び目を後ろにするとモード感があり、淡色コーデの引き締めカラーにもなっています。

IラインはWの効果でスタイルアップ

Iラインを強調するスカーフコーデ

引用:https://wear.jp/takahasu/12209244/

スカーフを主役にするならば、多少ボリュームがあってもおしゃれです。

ノースリーブ×太めパンツのようにコーデでIラインを作ったら、スカーフを投入して相乗効果を得るのがおすすめです。

ボーダーはミニクロスで視線を散らす

首元のスカーフでボーダーをすっきり見せる

引用:https://wear.jp/pjtamug/14475179/

ボーダーは、少しでもスタイルよく見せたい人には倦厭されがちな柄です。しかし、ミニクロスなら視線を散らしてデメリットを打ち消してくれます。

スカーフはボーダーとケンカしないように小さくまとめるのがコツです。

ヘアバンドはカラーリンクでさらに高く

ベージュワンピをスカーフでスタイルアップ

引用:https://wear.jp/yoahiru35/14846113/

スカーフはヘアバンドとしても使えます。服との距離が開いてしまうので、コーデカラーとリンクさせて統一感を持たせるのがポイントです。

ちなみに、統一感を持たせるテクニックはヘアアクセサリーにも応用できます。「好きな服とアクセに差があって上手くコーデが決まらない…」という方はぜひ実践してみてください。

まとめ

ポイント
  • 首元は細く小さく巻くいて視線を高く
  • Iラインコーデには縦長に垂らしてスタイルアップ
  • ボーダートップスにはクロスで視線を散らす
  • ヘアバンドはコーデとカラーをリンクさせる

リーズナブルなスカーフも、使い方を工夫すればたくさんのスタイルアップ効果が見込めます。

トレンドアイテムでもあるので、コーデのワンポイントにぜひ使ってみてください。さし色にもなっておすすめですよ!