初夏の鎌倉おすすめデートコーデ。守るべき3つのルールとは?

あじさいが見ごろの初夏の鎌倉

引用:https://weheartit.com/entry/300107503

人気の観光エリア鎌倉。とくに夏場は海風が心地よく、名所の紫陽花やハスが見ごろを迎えるなど、観光客が多く訪れます。デート先として予定しているカップルも多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが鎌倉デートのコーデです。街中でのデートと同じ感覚で選んでしまってよいのでしょうか。

答えは「No」です。鎌倉は歴史があり、寺社の多いエリアでもあります。デートコーデは鎌倉というエリアの特性にあったものにしましょう。

今回は、初夏の鎌倉にふさわしいデートコーデを3つのルールと共にご紹介します。

ルール①肌の露出を控える

寺社訪問時のマナーに配慮する

ボーダーのワンショルダーをカーキで大人っぽく

引用:https://wear.jp/apart1173/14497988/

鎌倉でデートだからといって必ずしも寺社を訪れるとは限りませんが、訪問マナーに則したコーデにしておくと安心です。

その際に真っ先に注意したいのが肌の露出です。夏は露出の多いコーデになりやすいので、意識したアイテム選びが必要になります。

例えば、キャミソールやタンクトップなどはもちろんNGです。しかし話題のワンショルダーも、画像のように開きの少ないデザインなら問題ありません。ボトムスも太ももが露わになるようなものは避けて、ロング丈を選ぶようにしましょう。

羽織もので臨機応変に対応

ノースリーブワンピは羽織ものと共に

引用:https://wear.jp/ayalilyflower/14544520/

とはいえ、気温の高い日は少しでも涼しい装いをしたいと思うものです。そんなときは羽織ものの出番です。

今シーズンはベーシックなカーディガンの他にもトレンドのレイヤードスタイルに合わせたロングカーディガンやシャツワンピースなどの羽織ものが豊富です。

なかでもベーシックカラーは寺社訪問時、レストランでのディナーなどシーンを選ばずに使えて便利で、鎌倉デートで活躍すること間違いないです。

ルール②派手な色柄を避ける

寺社や緑になじむカラーをチョイス

落ち着きのあるピンクできれい目カジュアルコーデ

引用:https://wear.jp/laulea77/14704394/

次はカラーに関するルールです。初夏の鎌倉は緑が濃く、紫陽花を筆頭に花のシーズンでもあります。寺社や花の名所を訪問したときに違和感のないカラーでコーデしましょう。

具体的にはホワイト、ブラック、ブラウン、ベージュなどのベーシックカラーや、新緑になじむダークグリーン、紫陽花カラーであるブルー・ピンク・パープル辺りがおすすめです。

ただ、鮮やかすぎると浮いてしうまうし、花々よりも目立ってもいけないので、落ち着いた色合いのものを選びましょう。

柄物は淡いトーンで、大柄は選ばない

小花柄でフェミニンなロングスカート

引用:https://wear.jp/erikodayo28/14699083/

柄物を選ぶときはルールが少し変わります。1色1色は落ち着いたトーンであっても、柄になると派手な印象になることが多いからです。

基本的には細かい柄にし、さらに淡いトーンを選びましょう。写真のコーデはかなり細かい花柄で、無地のモノトーンでの組み合わせよりも柔らかい印象に仕上がっています。足元のフラットシューズも鎌倉散策にはピッタリですね。

ルール③コーデは品よくまとめる

外さないのは清楚なワンピースコーデ

レトロな雰囲気のただよう上品ワンピースコーデ

引用:https://wear.jp/kikisou212/14730769/

鎌倉に対するイメージは人それぞれあるかと思いますが、古都としての歴史や存在感は街のそこかしらから感じるとることができます。そんな場所には、コーデも上品さが求められます。

間違いないのは、1枚で品よく決まるワンピースコーデです。カラーはベーシックあるいは淡いもので無地が無難です。シンプルでウエストマークがあるような、清楚なデザインが理想的です。

足元は観光での歩きやすさを優先にパンプスならローヒール、バレエシューズ、ちょっと外してメンズライクなレースアップシューズ辺りがおすすめです。

カジュアルはきれい目アイテムと共に

清楚なブラウスでデニムをきれいにコーデ

引用:https://wear.jp/koumai/14670612/

寺社を訪れる際にジーパンなどのカジュアルなデニム素材がNGとされていたときもありましたが、行事などに正式に参加するのでなければ問題はありません。ただ、Tシャツやビーチサンダルなど、全体がカジュアルに寄っているコーデは避けたいところです。

写真のようにトップスにブラウスを持ってくると、ジーパンでもきちんとした雰囲気に。バッグやシューズにきれい目アイテムを持ってくるという方法もあります。

基本として、カジュアルアイテムでコーデするなら小物はきれい目に、と覚えておきましょう。 

まとめ

初夏の鎌倉は見所が多く、思い出の詰まったデートになるに違いありません。しかし、場に合わない残念なコーデで出かけてしまうと、全てが台無しになってしまう可能性もあります。

ステキな夏のデートとするためにも、3つのルールを参考に、彼が惚れ直してしまうようなコーデで出かけましょう!