彼好みのパンツスタイルはどれ?4タイプで分けるおすすめデートコーデ

ストライプシャツとデニムのシンプルなデートコーデ

引用:https://weheartit.com/entry/307530191

デートはやっぱりスカートかワンピース……それはもう過去の話。最近はパンツスタイル好きの男子がかなり増えていることをご存知ですか?

今回は好みの女性タイプ別のパンツスタイルデートコーデをご紹介します。

自分の好きなファッションを楽しむのもいいけれど、たまには彼好みのパンツスタイルでちょっとしたサプライズもいいのでは?彼の好みのタイプをリサーチして、デートコーデの参考にしてください。

タイプ①キレイなお姉さん系

フェミニンカラーをシンプルに

ピンクニットとベージュパンツのこなれカジュアル

引用:https://wear.jp/aisanahiro/14671650/

「ちょっと年上のキレイなお姉さん」に憧れを抱く男性は多いですよね。実際に年齢が上かどうかは別にしても、オフィスで頼れる女性がモテる傾向は高くなっているようです。

このタイプの女性のコーデは、シンプルが基本です。少ない要素で、トレンドや女性らしさをうまく表現しています。定番アイテムを使うことが多いのも特徴的です。

写真のように定番のチノパンにピンクのニットを合わせていますが、コーデ全体がシンプルなのでピンクが甘すぎることなく程よいエッセンスになっています。

白をきかせたこなれ感、首元・手首・足首のほどよい肌見せ、品のあるアクセ使いに見える「キレイなお姉さん」感も真似したいテクニックです。

たっぷりの白に“年上”の余裕

白のワンピが映えるトレンドのパンツコーデ

引用:https://wear.jp/maarimo196/14391611/

トレンドコーデの着こなしにも違いがあります。

写真のレイヤードコーデのようにパンツ×ワンピを見た目にも軽く、少ない配色でよりシンプルに着こなします。

真っ白なワンピースは汚れるのが怖くて手が出せないという人も多いかと思いますが、それをサラッと着てしまうところは同性からみてもステキですよね。

白さをキープできるのは、所作がていねいで手入れが行き届いている証でもあります。大人の余裕を無意識に感じさせられるコーデです。

タイプ②守ってあげたい年下彼女系

小花柄ブラウスでガーリーに

フボタンがおしゃれな小花柄ブラウスコーデ

引用:https://wear.jp/ayalilyflower/14603576/

庇護欲をくすぐられる年下彼女系に弱い男子には、パンツスタイルにも甘さが必要です。とはいえ、ひと昔前の「甘×甘」なコーデとは違うのでトップス選びには注意しましょう。

甘さのあるトップスには、レースやフリル、リボンなどの要素がありますが、イチオシは甘すぎなくフェミニンな小花柄です。

写真のようにデニムにインして寒色のブルーでややクールにコーデすると、今っぽい年下彼女系のかわいさが出ますよ!

引き算で「盛りすぎ」を防止

ブラウスとウエストリボンパンツのモテデートコーデ

引用:https://wear.jp/grl1234/14544813/

このタイプはガーリーなコーデも好みます。ウエストリボンのパンツなど、パンツのデザイン自体に甘さのあるものを選ぶのもおすすめです。

この場合、注意するのはトップス選びです。シンプル過ぎるとやや弱い仕上がりになり、かといって間違えるとひと昔前の「甘×甘」な盛りすぎコーデになるからです。

写真のコーデは、ウエストリボンパンツ、ピンク、フリルのついたブラウスと、甘い要素は多めです。しかしスモーキーピンクがそれらを落ち着かせたものにしています。ベージュでまとめた小物にも注目ですね。

甘さのあるアイテムが多いときは、どこかで引き算をして全体のバランスを取りましょう。中和効果のあるベージュを足すのも効果的です。

タイプ③ブランド好きハイソ系

高見えカラーにこだわる

高見えのするグレージュのパンツコーデ

引用:https://wear.jp/ema217/14706437/

イマドキのブランド好き男子は、実際にブランド品に囲まれていたいといよりも、その質の高さとモード感あふれるデザインに惹かれています。一言で表すならば「高見え」です。 

まずは高見えカラーのアイテムをゲットしましょう。生地感やトーンにもよるので一概に言えませんが、中途半端な色味ではなく、ニュアンスをきちんと表現できているものがおすすめです。

写真のパンツはグレージュですが、特有のくすみがしっかりあって上品な高見えするカラーになっています。トレンドのソールの厚いスポサンではないところも抜け感があっていいですね!

小ぶりのバッグ、派手ではなくても存在感のあるアクセサリーもセレブっぽい仕上がりにしています。

高見えシルエットできめる

ストンとしたIラインがきれいなワンピースコーデ

引用:https://wear.jp/rumiwatari/14683274/

高級ブランドは、独自の裁断方法や手間暇かけた縫製などによって着用時のシルエットがとてもキレイです。リーズナブルな御用達ブランドでも高見えするシルエットはたくさんあるので、早速探してみましょう!

ここで大事なのは、自分のボディラインに合っているかということです。

広げた状態で美しいラインでも、自分の体形に合っていなければ反映されません。ネット購入も多くなっているので、自分に合ったデザインの特徴、身幅などの各サイズを覚えておくと便利です。

写真のコーデはストンと落ちるIラインがキレイなワンピで、肩から裾までボディラインの凹凸を出さずにデザインを活かした着こなしができています。

ヌーディーなヒールサンダルやバングルも高見え効果がありますよ。

タイプ④ラクなのが一番ゆるカジ系

オーバーサイズトップスで落差をつける

オーバーサイズのスウェットがキュートなカジュアルコーデ

引用:https://wear.jp/kurebooo/14664631/

かっこつけたコーデよりも力の抜けたゆるっとしたスタイルが好きという人も多いですよね。ゆるっとした着こなしはそれだけでもかわいさがあるので、最大限活かしたコーデにしましょう。

トップスはトレンドのビッグシルエット、これで決まりです!あえてボリュームボトムスは合わせず、トップスのゆるっと感を強調しましょう。メンズ物のトップスもおすすめですよ!

たまにの「甘さ」でドキドキを狙え

レーストップスとピンクスニーカーが可愛いデニムコーデ

引用:https://wear.jp/yuayuka/14705948/

ワイドパンツやボーイフレンドデニムなど、ゆるめのボトムスでコーデするときは趣向を変えてみませんか?

甘さのあるアイテムを使わないゆるカジ系好き彼氏も、甘さのあるコーデが嫌いというわけではありません。いつもとはちょっと違う雰囲気にドキドキ、惚れ直してくれるかもしれませんよ!

ポイントは、ゆるカジの範囲に留めることです。写真のように甘さのあるレーストップスはデニムにイン、パステルカラーはスニーカーで取り入れます。

ピンクの取り入れ方法としては、バッグ、リップやチーク、短い爪にネイル、スカーフなどもあります。

まとめ

4タイプに分けてパンススタイルをご紹介しましたが、彼氏好みのデートコーデはありましたか?

お互いの「好き」を知れば相手への理解がより深まります。パンツスタイルデートで、より一層ハッピーな時間を過ごしてくださいね!